MetaTrader 5メジャーアップデート(ビルド1730): 合成製品、共有プロジェクト、MQL5クラウドプロテクター

MetaQuotes Software Corp.

22 12月 2017

MetaTrader 5は急速に発展しています。トレーダーの皆様のご要望にお応えし、製品をさらに改善するために、プラットフォームにいくつかの新しいツールとサービスを追加しました。このような新機能はMetaTrader 4には実装されません。さらに、これはメタクオーツ・ソフトウェア社のMetaTrader 5のトレーダー向け機能拡張を目的とした新しい大規模キャンペーンの第一歩にすぎません。

この新リリースは、合成金融製品を作成する機能を備えています。この機能は、1つまたは複数の利用可能な製品に基づいてクオーツを計算するための公式を設定することによって有効にできます。その分のティックが生成され、その後のクオーツはすべて自動的に実時間で作成されます。

使い方:

  1. 合成製品を作成し、価格計算の数式を設定します。
  2. 過去2ヶ月の合成ツールの分足履歴が生成されます。これは、式で使用される製品の分足のバーに基づいて計算されます。
  3. 計算に使用される銘柄の価格は10秒ごとに確認されます。それらのうちの少なくとも1つが変更されると、合成銘柄の価格が計算され、新しいティックが生成されます。
  4. 合成製品の新しいバー(現在および次のもの)はすべて生成されたティックに基づいて作成されます。

MetaTrader 5で既存の通貨、株式、仮想通貨に基づいて独自の合成銘柄を作成

このビルドのもう1つの重要機能は、アルゴリズム取引のアプリケーション開発を簡素化する本格的プロジェクトです。メインMQ5プログラムファイルの代わりに、別個のMQPROJファイルがプロジェクトとして使用され、. プログラム設定、コンパイルパラメータ、使用されているすべてのファイルに関する情報が格納されます。

プロジェクト内の作業で便利なように、[ナビゲータ]で別のタブが用意されています。使用されるすべてのファイルは、さまざまなカテゴリに配置されます。

MetaTrader 5の共有プロジェクトを使用して他のトレーダーと連携してロボットを開発

この新しいビルドでは、他のトレーダーとロボットを開発することがより便利になりました。[共有プロジェクト]セクションには、取引アプリケーションをチームで開発する機能が用意されています。[共有プロジェクト]下で開発されたプロジェクトは、オンライン MQL5ストレージに自動的に追加されます。プロジェクトプロパティで、他のMQL5.communityメンバーに権限を与え、グループの共通パラメータを設定することができます。

新しいMQL5クラウドプロテクター機能は、自動売買ロボットのための追加の保護層を提供します。 MetaTraderマーケットの保護オプションでは、EX5製品ファイルがさらにネイティブコードにコンパイルされていますが、この保護オプションはそれと似ています。この機能をすべての開発者が使用できるようになりました。プロテクタでバックアップされたファイルは、一般的な実行可能アプリケーションと同様に、どのコンピュータでも実行できます。ファイルを保護するには、MetaEditorで [ツール]—[MQL5 Cloud Protector]コマンドを実行します。

MQL5クラウドプロテクターを使用して自動売買ロボットを保護

MetaTrader 5ビルド1730の新機能すべての詳細は MQL5.comフォーラム でご覧ください。

MetaTrader 5バージョンを起動して、その新機能をすべてお試しになってください。