BORSA、取引、分析、リスクアーキテクチャをヘッジファンド向けMetaTrader 5に完全移行

MetaQuotes Software Corp.

7 10月 2019

BORSAプロップ・トレーディング会社が、ビジネスプロセスのスケーリングを伴う信頼性の高い効果的な管理を提供するために、独自のMetaTrader 5ベースのインフラストラクチャに多大なリソースを投資した。

Borsa Trade LLPのエグゼクティブパートナーであるIrek Safin氏は述べている。「当社のファンドでは、単一のプラットフォーム内でマルチアセットインフラストラクチャを構築できるソリューションを探していました。これは、アービトラージと投機的戦略を積極的に適用しながら、異なる取引所と異なる資産クラスで作業するために必要です。当社のトレーダーは異なる取引所ターミナルを介してポジションを管理しており、これは必ずしも便利ではありませんでした。その上、リスク管理システムと分析ブロックもいくつかの異なるものを使用する必要がありました。ヘッジファンド向けMetaTrader 5ソリューションを選択する前に、同様のインフラストラクチャソリューションをテストして比較しましたが、テスト結果は、メタクオーツ社が開発した製品の利点を効果的に示していました。当社はこれまでに、分析、取引(アルゴリズム取引を含む)、リスク管理といったさまざまな側面を組み合わせた単一のエコシステムを作成しました。」


BORSAのIrek Safin氏

BORSAは、英国で登録されたBorsa Trade LLPのブランドであり、自身の資本を管理し、以下の取引所で幅広い資産(株式、通貨、先物)を取引している。

このファンドには、サードパーティ取引チームとトレーダーが関与して作業を実行する。利用可能な取引商品のリストには、最も流動性の高い先物契約が含まれている。