アルゴリズムトレーダーのための 5 つの重要な MetaTrader 5 ビルド1860 機能

MetaQuotes Software Corp.

18 6月 2018

MQL5 を使用して取引ロボットを作成するために MetaTrader 5 を今すぐアップグレードする理由

  1. トレーダーからの一般的な需要に応えて、 時系列操作にiTime、iOpen、iHigh、iLow、iClose、iVolume、iBars、iBarShift、iLowest、iHighest、iRealVolume、iTickVolume iSpread 関数を追加しました。これらの関数は MQL4 から移行されているため、MetaTrader 4 のアプリケーションコードを第 5 世代プラットフォームに簡単に移行することができるようになりました。詳細な説明と関数のコードは MetaTrader 5 ビルド 1860 アナウンスメントで参照できます。

  2. MQL5 アプリケーションは、コンパイル時のソースコードが更に最適化されて、より高速に実行できます。より高速な実行には、新しい MetaEditor バージョンでプログラムを再コンパイルします。

  3. ストラテジーテスターの最適化キャッシュ操作を完全に更新しました。以前のバージョンでは、最適化キャッシュは 1 つの XML ファイルとして保存されており、指定されたテスト設定でのすべてのエキスパートアドバイザー最適化パスがこのファイルに追加されていました。したがって、同じファイルには異なる入力パラメータを使用した最適化結果が格納されていました。最適化キャッシュは、最適化されたパラメータのセットごとに別々のバイナリファイルとして格納されるようになりました。ストラテジーテスターの最適化キャッシュに関する操作は、新しい形式とファイルサイズの縮小により大幅に高速化されています。これは、一時停止した最適化パスを再開する際に特に顕著になります。

    以前の最適化結果の表示

    以前の最適化の結果をストラテジーテスターですぐに見ることができるようになったため、サードパーティのソフトウェアを使用して巨大な XML ファイルを分析する必要がなくなりました。[最適化結果]タブを開き、エキスパートアドバイザーと目的の最適化キャッシュを持つファイルを選択します。このリストには、ディスクにあるすべてのエキスパートアドバイザーの最適化キャッシュファイルが含まれています。各ファイルの最適化の日付、テスト設定(銘柄、時間枠、間隔)および入力パラメータが表示されます。最適化結果は、結果が得られた取引サーバによって更にフィルタリングすることができます。


    Optimization results in Strategy Tester



    オンザフライでの最適化基準の再計算
    最適化基準は可変パラメータで、その値によって、テストされた入力セットの品質が決定されます。最適化基準の値が高ければ高いほど、与えられたパラメータセットによるテスト結果は良好であると考えられます。

    以前は、最適化中には最適化開始前に選択された基準が1つしか計算されませんでした。結果表示モードから最適化基準をオンザフライで変更するようになり、ストラテジーテスターは自動的にすべての値を再計算するようになりました。


  4. 新しいバージョンでは、テストと最適化の際に使用される預金通貨とレバレッジの手動設定が可能になります。以前のバージョンでは、これらのパラメータは接続された口座に従って設定されていたため、他の口座に切り替えてのみの変更が可能でした。


    Manual setting of the deposit currency and leverage

  5. OpenCL がテストエージェントで使用できるようになりました。以前、OpenCL デバイスはローカルエージェントでテストするときにのみ使用できました。この更新されたバージョンでは、エージェントは、ローカルネットワークやMQL5クラウドネットワークで作業するときに、利用可能なすべての OpenCL デバイス(プロセッサ、ビデオカードなど)を使用することができるようになりました。